バルトレックスが性器ヘルペスに効果的なわけ

ヘルペスウイルスを内服薬でおさえる薬であるバルトレックス500mgが今、注目を集めています。
性器ヘルペスは再発が多いとされる病気で知られていますが、その頻度としては多い方で毎月みられる方もおられるくらいです。
人には知られたくない部分での痛みはかなり苦痛であるため、多くの方の悩みとなっています。
性器ヘルペス以外でも口唇ヘルペスや帯状疱疹の際にもバルトレックスは効果があるとされます。
性器ヘルペスでの効果的なバルトレックスの飲み方としては、食後の方がおすすめです。
その理由としては胃腸を荒らしてしまうほどの強い効能があるためです。
食べ物と一緒に消化した方がよいでしょう。
服用する時間帯は、朝食後1回となっています。
服用の際にはしっかりとコップ1杯の水で飲むようにされるといいでしょう。
バルトレックスは性器ヘルペスに有効といわれている薬ですが、とくに再発を防ぐためには8週間から最大1年間は続けて飲むようにしなければなりません。
そうすることで体内のウイルス量をおよそ3分の1程度に減らすことができるとされていますし、ウイルス自体の活性も抑えることが報告されています。
ウイルスが全く消滅できるわけではないですので、服用中も性器ヘルペスが再発することもあるといわれています。
しかしウイルスの活動を少しでも抑えることができれば発症回数を可能な限りおさえることにつながるでしょう。
そのような試みがある場合には、たとえ再発があったとしても症状はとても軽くてすみます。
その際にはバルトレックスを1日2回(朝食後、夕食後)に増量することで、その後の改善につながります。
バルトレックスはウイルスの増殖を抑える効能がありますので、できるかぎり症状の悪化がない初期状態での使用をおすすめします。
口唇ヘルペスのような軟膏での治療よりも内服薬での飲み薬の方が効果が高いとされていますのでおすすめします。